toggle
2018-09-21

慢性的な痛みは機能的です

昨日は、あきる野市から腰痛でお困りの62歳の男性が来られました。

私とのお約束は12時30でしたが、ご自宅は10時すぎに出られたようです。

 

腰痛の始まりは4月8日。

大して重くはないものを持ち上げた際に、ギクッとなったそうです。

翌日から近所の整骨院に40日通い

その後は、市内の総合病院と整形外科にも行ったが

腰の痛みと脚の突っ張る痛みがよくならないとのこと。

医師の説明では、背骨の一番下の部分が潰れているからだと説明を受け

リリカ等、数種類のお薬を処方されているそうですが

それも全く効かないんだと仰っていました。

 

たとえ背骨の変形が痛みの原因だとしても

リリカを飲んでも、背骨の変形は治りませんよね…

 

バスと電車を乗り継いで調布駅までこられたそうですが

歩くのが辛いということで

徒歩5分の距離もタクシーに乗って来られました。

 

施術後の結果としましては

杖代わりに持ってこられた傘は

お帰りの時には雨が降っていたので

ちょうど良かったと、傘をさして笑顔で帰られました。

 

何事も後攻が有利なのは承知しています。

今まで多くの先生が加療されてきたことが

私の番で、よい結果につながったのかもしれません。

 

何はともあれ

あれだけ喜んでいただけてよかったです。

 

痛みやしびれは、あくまでも機能的(functional) です。

条件によって症状は変わるのです。

 

痛み,しびれ,機能的

 

腰が悪いから、変形しているからではありません。

私が施術をしても、背骨が変化するはずありませんから。

 

このまま改善してしまうのか

まだ施術が必要なのかはわかりませんが

心とからだの条件さえ整えば

あれだけ変化することははっきりしました。

 

また、今回はたった5分でしたが

「目から鱗の腰痛教室」も効果的だったのかもしれません。

 

よくなったら、ゴルフに一緒に行く約束をしました。

シェアしていただけると嬉しいです!
関連記事