toggle
2018-09-26

「患者よ、クスリを捨てなさい」

日本薬剤師会 (24代) 会長(児玉清氏)が決意の告白

「患者よ、クスリを捨てなさい」

「週刊現代」2014年4月5日号より

今日来ていただいた方も、多くのクスリを処方されていました…

この記事を思い出したので、前のブログからの再掲載です。

 

クスリは「毒」である

日本人は「クスリ好き」と言われますが、実際、諸外国に比べて日本でのクスリの消費量は多い。昔から日本人には、何か症状が出たらとりあえずクスリをもらって治そうとする傾向がありました。なぜここまでクスリ好きになったのか。かなり古くから、その土壌があったと思われます。漢方薬の本場である隣国・中国から、その知識が日本に入ってきて緯度や気候も中国と似ていることから漢方薬に使われる生薬も育ちやすかった。さらに、「富山の薬売り」が全国を回っていたこともあり、一般家庭には置き薬のシステムが定着していました。

そこに輪をかけたのが1961年から導入された国民皆保険制度でしょう。高齢者の医療費負担がゼロだった時期もあったため「タダでクスリがもらえるなら、飲んでおいたほうがいい」という雰囲気もあった。病院でクスリを処方されないと不安に感じて患者さんが自ら「クスリをください」と要求することも増えていきました。

日本で製薬業が発展したことも影響しています。クスリの研究・開発は、時間とおカネがかかる知的産業ですからクスリを作っている国というのは、日本を含めてそれほど多くはありません。クスリが身近に手に入るという面で、日本人は恵まれているのです。ですが、現代の西洋医学におけるクスリというのは人工的に作られた化学合成物質ですから、身体の中にはもともと存在しないものであり「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものなのです。

こう話すのは、日本薬剤師会会長の児玉孝氏(24代会長/平成20年〜26年)である。厚労省がまとめた資料(医薬品産業ビジョン2013)によると日本の医薬品の市場規模は、2011年で9兆3105億円。世界の11・7%のシェアを占め、アメリカに次いで第2位。これだけを見ても児玉氏の指摘するように日本の市場がいかに巨大か分かるだろう。

人間は高等生物ですから、異物が体内に入ってくればそれを排除して体調を整えようとして、さまざまな反応を起こします。花粉症なども、まさにその一例です。異物である花粉を排除しようとして、くしゃみや鼻水、涙などの反応が出るのです。これと同じように、クスリも人体にとっては異物であるため体内に入るとさまざまな防御反応が現れます。この防御反応が、病気の症状にとって良い作用を起こすと「有効性」となる。逆に、悪い作用となって現れるのが「副作用」です。良い働き(有効性)をできるだけ増やして悪いほうの働き(副作用)をできるだけ抑えるように作られたのがクスリというわけです。

つまり、副作用はどんなクスリにも必ずあるのです。漢方薬も、生薬の中に化学合成物質と同じ有効成分が含まれているからクスリとされるのであって副作用はある。さらに、必ずしもすべてに当てはまるわけではありませんが、よく効くクスリの多くは、副作用のリスクも高いということも知っておいたほうがいいでしょう。

 

飲んでも病気は治らない

薬局で誰でも買える市販薬より、処方薬のほうが副作用のリスクも高いものが多い。これを「ハイリスク薬」と言いますが、代表的なものに抗がん剤があります。抗がん剤にはがんを叩く強力な効果がありますが、髪が抜けたり、味覚を失ったりと、副作用も強い。中には、かつて毒薬として使われた成分が元になって開発されたものもあるくらいですから、リスクが高いこともお分かりいただけるでしょう。

もう一つ理解しておくべきことは「病気を治せないクスリ」もあるということです。風邪薬や、高血圧、糖尿病といった生活習慣病のクスリなどが代表的ですがこれらは症状を抑えるものであって、病気を治すクスリではありません。風邪薬は、熱を下げたり鼻水を止めたり、症状を抑える効果はありますが、風邪そのものを治すわけではない。熱を下げようと思って解熱剤を飲み続ける人もいますが、無理に熱を下げる必要はありません。発熱しているということはまさにいま体の中で異物を排除するために防御反応が起こっているということ。その反応を無理に抑えてしまうと逆に治りが遅くなってしまう可能性もあります。仕事などがあって、どうしても熱を下げないと困るというときにだけ解熱剤を飲めばいいのです。

また、解熱剤と同様にロキソニンなどの鎮痛剤も痛みは抑えられても、痛みの原因を取り除けるわけではないですし、長く飲み続ける性格のものではありません。日本では抗生物質の消費量も他国に比べて多いようですが、投与を続けることで耐性ができ肝心なときに効かなくなってしまうこともあるのです。

超高齢社会の到来に伴って外科的な処置よりも体に負担が少ない内科的治療を選ぶ人が増え、クスリの消費量はさらに増加していくでしょう。ですが、高齢者はとくにクスリの飲みすぎに気をつけてほしいと思います。

厚労省が昨年発表した資料(平成23年度 国民医療費の概況)によると一人当たりの年間の薬局調剤医療費は、65歳未満で約3万円。それが65歳以上になると、約12万円と4倍にも膨れ上がる。老化とともに病気は増えるとはいえ、高齢者のクスリの消費量は明らかに多い。むやみにクスリを飲み続け、いわゆるクスリ漬けという状態に陥ると臓器に負担がかかった結果、肝機能障害を起こしたり腎不全となって一生透析を続けざるを得なくなることもある。

クスリは体内に入ると肝臓で解毒・分解されて、腎臓を通って、最終的に尿として体外へ排出されます。この解毒作用は、誰でも歳を取ると低下していき肝臓や腎臓に負担がかかりやすくなるのです。加齢と共に抵抗力が弱まると、異物に対する反応も弱くなり副作用が起こっていることにさえ気づきにくくなってしまう。副作用を自覚できず、さらに深刻な事態に陥ることも考えられます。

治療の方法や副作用の出方は患者さんによってさまざまです。医師は、患者さんに早く良くなってもらいたい、という思いでクスリを処方しますが、他のクスリとの飲みあわせや副作用のことを事細かに考えている時間はないはずです。医療が高度化することで、現場の負担はさらに増えていますから。クスリの飲みあわせの管理や細かい副作用についての説明は薬剤師の仕事になります。患者さん側も医師から処方されたものを漫然と飲むだけで、何のためのクスリなのかを理解せずに飲んでいる人が多いのではないでしょうか。

私が実際に経験したケースでは、こんなことがありました。80歳くらいの高齢の男性でしたが訊くと、26種類ものクスリを処方されていたんです。さすがに驚きました。これほどの量を一度に飲めるわけがありません。なぜこのようなことになったかというと、3ヵ所の病院にかかっていたからです。関節の痛みだったり、高血圧だったり、さまざまな症状があってそれぞれの専門科にかかっていたらここまで量が増えてしまった。そこで、26種類のクスリをリストにしてあげて病院に相談しに行ってもらいました。医師もびっくりしたようですが結局、26種類からたった6種類にまでクスリを減らすことができた。つまり、それ以外の20種類は必要がなかったわけです。その高齢男性は、処方されたクスリを飲みきれなかったので自分で適当にチョイスして飲んでいました。クスリの飲みあわせによる副作用が出なかったことは幸いですが、本当に必要だったクスリを飲んでいなかったため、何の効果も得られていませんでした。

 

明らかに飲みすぎです

この男性のように患者さんが自分でクスリの量を調整してしまうことがありますが、これにも注意が必要です。たとえば、一回2錠飲む必要のあるクスリを一回1錠にすれば半分の効果が出て一回4錠飲めば効果が倍になるのではと思う人がいますがどちらも間違いです。クスリは、ある一定量を飲んではじめて効果が出るので量が少ないと効果がほとんど得られず一定量以上を飲んでも効果は変わりません。逆に、クスリを2倍量飲んだとき、副作用は2倍以上になる可能性もあるのです。26種類というのは明らかに異常ですが一日に何種類以上のクスリを飲んでいたら飲みすぎになるのかということは一概には言えません。

けれど、3ヵ所以上の医療機関から計6種類以上のクスリを処方されて飲んでいる人は薬剤師に一度チェックしてもらったほうがいいでしょう。それぞれの医師が、患者さんの症状を診て処方しているわけですから同じ効能のクスリが重なって出されていることがあり得ます。クスリの重複や飲みあわせによる副作用を防ぐために「お薬手帳」がありますがそれだけでクスリを管理するのは、現実的には限界があるかもしれません。

それに代わる方法としては、「かかりつけ薬局」を持つことも有効です。複数の病院にかかることがあっても、自宅の近くなどにかかりつけの薬局があればそこで一括してクスリを処方して管理もしてもらえます。患者さんから「このクスリは効かない」「このクスリを飲むと湿疹が出るから替えてほしい」といった相談があれば、薬剤師は処方した医師に確認する義務(薬剤師法に定められた「疑義照会」というシステム) があるのです。

薬剤師というと処方箋に従ってクスリを出すだけの専門家という印象が強いかもしれません。ですが、クスリに関することは何でも訊いていただいていいんです。処方薬をもらう際、市販薬やサプリメントなどとの飲みあわせの相談でもいいですし、ご自身の体調のことを気軽に相談できる薬剤師を見つけていただきたい。クスリ同士だけでなくサプリメントや健康食品とクスリの飲みあわせで、悪影響が出ることもあります。たとえば、血液をサラサラにするワーファリンというクスリはクロレラのサプリと一緒に飲むと効果が落ちてしまう。こうしたことも、かかりつけの薬剤師に相談できれば未然に防ぐことができるでしょ う。

薬剤師はクスリを売りたがるというイメージがあるのかもしれませんがそれも誤解です。むしろ我々としては、クスリの処方量が減っていくことが望ましい。患者さんの健康を守りながら最小限のクスリで最大の効果を上げていきたいと思っています。

日本には、昔からクスリが身近なものでクスリを飲んで病気を治すのが当たり前という感覚が根強くありますが、まずはクスリの正しい知識を身につけ意識を変えていくことが必要ではないでしょうか。

シェアしていただけると嬉しいです!
関連記事