toggle
2018-11-17

神経の圧迫 その2

今日は昨日のブログの方が、前回の施術から1週間後に来られた。

待合の椅子に座っていただくなり「今日は一番良かったよ!最近は寝返りもうてるようになったし、今朝は枕元にある目覚まし時計を止められたよ!」と嬉しいご報告。
起床時には挙がらなかった肩が挙がったそうだ。左腕のしびれ感も感じなくはないものの、その時間も短くなり軽減されてきたとのこと。

そして、今までは床に座わったり立ったりするのが困難だったため、低い椅子にすわったまま入っていたコタツにも、いつのまにか椅子に座らず入っていたそうで、奥様から「下にも座れるようになったじゃない」と言われ、そう言えば…と、ご自身も身体の変化に気づいたそうだ。

症状の改善とともに、今までできなかった(したくなかった)ことができるようになると自然にそうしているものです。

そのうえ、今日の握力検査では、初見時にくらべ左右とも5kgほど上がってきた。
(筋トレはしていません、むしろ今はやめてくださいと言っています)
筋膜に変化がおこり、力を伝えられるようになっているのでしょう。

どのような施術も(いい意味でも悪い意味でも)施術を受けているその時にだけ効果(影響)があるのではありません。むしろ、施術は「下ごしらえ」のようなものですので、施術後から大切な時間が始まります。

次回は2週間後に来ていただくことにしました。

シェアしていただけると嬉しいです!
関連記事