toggle
2018-08-06

「クラシカルオステオパシー」とはどのような施術法ですか?

クラシカル・オステオパシーは、からだ(頭の先から足の先まで)を1つのユニットとして捉え、痛みや障害を感じるところだけでなく全身を検査しながら施術をすすめていく技法です。

ベッドに寝ていただいた状態で「テコと支点(長テコ)」の力を利用した、ゆらゆらと心地よいリズムの揺らしが心とからだの緊張を和らげる「英国生まれの全身身体調整」です。

血液やリンパ液の停滞を解消して組織を活性化させ、身体バランスの再構築を促してからだに統一感をもたらします。

このリズミカルな揺れ(振動)は脳に対してとても心地よい刺激となりますので、交感神経の緊張が抑制され心とからだの過度な緊張も緩和していきます。

これは、穏やかな(物理的な)刺激が身体の中で生理学的な反応に変換された結果でありまして、お薬では得ることのできない効果です。
詳細はこちらへ

関連記事