toggle
2018-08-06

「筋膜への施術」とはどのような施術法ですか?

筋膜への施術には、徒手によるものや器具を用いたものなどさまざまな技法があります。

私は今までに(IASTMや徒手によるマニュピュレーションなどから)習得した理論とテクニックをもとに、筋膜組織がもつ特性に合わせた独自のツールを作り、新たな視点、新たなタッチによる筋膜組織に特化した技法を考案しました。

また、この技法では今まで手で施すことの難しかった、恥骨部や鼠蹊部、骨盤底筋や内転筋の付着部、鎖骨窩や腋窩、腹部や臀部などのデリケートな部位に対しても、双方ともストレスの少ない施術で今まで得ることの出来なかった効果を引き出すことができます。詳細はこちらへ

関連記事